ダイエットメニュー 夕食

夕食のダイエットメニューは、消化に良いものか軽いものにしておくと、ダイエットにいいですよ。

夜勤の人だと、夕食後に体を動かすことになりますので、絶対とは言えませんが、予定も特に無く、寝るだけの人であれば簡単に済ませて寝てしまうのが一番です。

ダイエットの効率を良くするためにも、夕食の内容もしっかり考えていくようにしましょう。

夜はダイエットを進めるのに大切な時間帯

昼間は食事をしたり、運動をしたり、日常生活を送る活動をしているので、意識している人が多いとは思いますが、夜は基本的に寝るだけですよね。

勿論、最初にも書きましたが、夜勤の人もいると思いますし、自由時間が夜しか無いので遊んだりする人もいるとは思います。

ですが、夜にしっかり眠ることというのは、ダイエットには必要なことなのです。

睡眠時間はしっかり取ること

海外の研究結果によると、睡眠時間が多くても少なくても太っている人が多いのだそうです。

適度な睡眠時間を取っている人は痩せている人が多いので、睡眠時間はしっかりと確保していくようにしましょう。

若い内は寝なくてもなんとかなっていることが多いですが、年齢を重ねていくと出来ないことも増えてきますよね。

活動しやすい体を作っていくためにも、しっかりと睡眠を取るようにしていきましょう。

夜22時からは成長ホルモンが分泌される

夜22時~夜中の2時までは、成長ホルモンが分泌されると言われています。

この成長ホルモンはダイエットに欠かせないホルモンで、その時間帯にきちんと睡眠を取ることで、翌日に疲れを残すことが減るそうです。

特に、この時間帯は美のゴールデンタイムとも言われていますから、美容のためにもきちんと睡眠は取っておいた方がいいですよ。

遅くても、0時までには寝るようにしましょう。

夕食の時間は早めに

また、夕食も出来るだけ早めに済ませておけるのがベストです。

理想は夕方18時~20時の間に終わらせること。

遅くても寝る3~4時間前までに終わらせておけるといいですね。

夜の22時以降、特に夜中の2時~4時の間は体が脂肪を蓄える働きをすると言われているので、早めに食事を済ませておいて、胃に食べ物が残っていない状態にしておいた方がいいのです。

胃腸を休ませることも大切

胃に食べ物があると、消化のために胃腸が活発に活動することになります。

胃が活動していると、体は疲労していきますので、眠っていても疲れが抜けないことが多いです。

そのためにも、なるべく消化の良いものやよく噛んで夕食を食べていった方がいいのです。

睡眠をしっかり確保することが出来ますし、胃腸を休ませていくことも出来ますよ。

夕食の内容は軽く済ませられるものを

もちろん、夕食は人と食事をすることが多い時間帯ですから、なかなか思い通りにならないこともあるかもしれませんが、可能な限り、消化に良いものを食べていくようにしましょう。

お粥やスープなどで簡単に済ませてしまって、あとは寝てしまうのが一番楽なのではないでしょうか。

置き換えダイエットをやるなら夜がおすすめ

そして、夕食のあとは寝てしまうことが多い人は、置き換えダイエットを行うのもおすすめですよ。

ダイエット食品での置き換えもいいですが、豆腐や蕎麦などを主食の代わりに食べるのもいいですね。

シリアルやヨーグルト、バナナなどは朝食に置き換える方がいいですが、夕食に利用すると効果が期待出来る置き換えダイエット方法もあります。

そういったダイエット方法もルールを守って夕食に取り入れていってみるのもいいのではないでしょうか。

夜は運動は控えめに

さすがに寝る直前まで運動をしている人は居ないかもしれませんが、夕食後に軽く運動を取り入れている人もいるかもしれませんね。

そこしか時間が作れないのであれば、運動をしていくのもいいと思います。

ですが、体を動かすのであれば軽い無いようにしておくのがいいでしょうね。

夜は交感神経から副交換神経へと切り替わっていって、体が眠る準備に入っていきます。

激しい運動をすると、この切り替えが上手くいかなくなって、眠りにくくなってしまうかもしれません。

ですので、夜に運動を行うのであれば、軽い運動かストレッチ、筋トレなど、副交換神経への切り替えに悪影響が無い程度の運動をしていくようにしましょう。

睡眠時間を確保することは、ダイエットにも必要なことですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする