ダイエットメニュー 献立

食事メニューは低カロリーで高たんぱく質なものになっていると、ダイエットを進めていきやすくなりますので、献立を決める時も意識していけるといいですね。

ダイエット用のレシピを紹介しているサイト、1週間分の献立が紹介されているサイト、ダイエットに成功した人の食事メニューを紹介しているブログ、など。

食事に関して参考になる情報はネットやダイエット本でも見つけられるので、上手くカロリー制限していってみましょう。

ダイエット中の食事の基本

最初にも書きましたが、ダイエット中の食事のメニューは『低カロリーで高たんぱく質』なものになっているといいですね。

低カロリーであった方がいいのは、単純にダイエットの基本が「摂取カロリー以上のカロリーを消費していくことだから」です。

食事によるカロリー摂取が少なければ、その分、運動によるカロリー消費が簡単になるので、体重を落としていきやすいのです。

そして、たんぱく質を摂った方がいいのは、筋肉量を増やしていくためです。

特に筋肉量が少ない女性は、意識してたんぱく質を摂取していけるといいですね。

筋肉があれば、脂肪を燃やしていきやすくなるので、痩せやすい体質に変えていくことが出来ます。

目標体重に到達したあとは、リバウンド対策になりますので、体型維持のためにも適度な筋肉量は維持していくようにしましょう。

ダイエット用のレシピ紹介サイト

ダイエット用のレシピを紹介しているサイトは沢山ありますが、一番簡単に見つけられるのは、『クックパッド』でしょうか。

ダイエット用レシピ以外にも色々な料理のレシピが集まっているので、見たことがある人は多いでしょうし、名前を聞いたことがある人はもっといると思います。

プレミアムサービスに登録すると、レシピのカロリーと塩分量が分かりますので、ダイエット中のカロリー計算もしやすいですね。

ただ、プレミアムサービスは有料ですから、『ダイエット』で検索を掛けて、ダイエットレシピのみ参考にしていくのもいいと思いますよ。

また、「ダイエット レシピ」で検索をしても、沢山のレシピサイトが出てきます。

個人的にチェックしていたのは『ギャル曽根のダイエットレシピ』というサイトです。

大食いのイメージが強いギャル曽根さんでしたが、今は料理が上手で、野菜ソムリエの資格も持つ食のスペシャリストです。

食に詳しいギャル曽根さんだからこそ、簡単に作れて、低カロリーのレシピを沢山紹介してくれるのでサイトを見ているだけでも結構楽しいです。

スイーツのレシピもあるので、甘いものが食べたくなった時も参考にしてみてはどうでしょうか。

1週間分の献立が紹介されているサイト

自分でカロリー計算をしたり、献立を立てていくのが苦手な人は、1週間の献立が組まれているサイトを参考にしてみるのもいいですね。

例えば、『【医師が作ったダイエットの1週間献立】』というサイトはどうでしょうか。

文字通り、医師の方が作ったダイエット用の1週間の献立です。

食べていいもの、食べない方がいいものの一覧もありますから、知っておいて損は無い情報も沢山あります。

そうめんはカロリーが低そうで食べてもいいように思っていましたが、「出来れば食べない方がいい」という分類なのだそうですね。

夏場はそうめんで乗り切っていたので、ちょっと食を見直してみようと思います。

ダイエット中ではありますが、あんかけ炒飯やスープカレーなどを食べることも出来るので、試してみてはどうでしょうか。

ダイエット成功者の食事メニュー

そして、ダイエットに成功した人のブログにも、食事メニューで参考になるサイトは沢山あります。

同じような年代、生活サイクルで目標体重が同じようなブログを参考にしていくのがポイントですね。

一日の食事のメニューを写真つきで紹介していたり、レシピを載せているサイトもありますから試してみてはどうでしょうか。

例えば、40代の方なら『私が10キロ痩せたダイエット方法!食事・運動の全て教えます。』というサイトもいいかもしれないですね。

ブログを更新している人が40代の方なので、参考になる所も多いと思いますよ。

ダイエット中の食事は楽しくが理想

ダイエットメニューを組む時は、出来るだけ「楽しく食事が出来ること」を目指していくようにしましょう。

制限をすれば制限する程、体重は落ちていきますが、ストレスを抱えたり、不健康に痩せていっては意味がありません。

ストレスはホルモンバランスを崩してしまって、食欲増加に繋がることがあります。

また、肌が荒れたり、顔色が悪くなるような痩せ方だと、せっかく目標体重になっても、鏡で見てガッカリ…なんてこともありますからね。

楽しく食事制限をしていければ、健康的に痩せていきやすくなります。

その分、場合によっては多少ダイエットに時間が掛かるかもしれませんが、元々ダイエットは少しは長い目で見て行っていった方がいいことです。

短期間でのダイエットは体に負担が掛かってしまうので、出来れば行っていかない方がいいですよ。

楽しく食事が出来るメニューを組んで、適度な運動をしていきながら美しく、健康的に痩せていくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする