ダイエットメニュー 夜

ダイエット中は夜の過ごし方に気をつけていくのも大切です。

夕食を食べるタイミング、運動をするタイミングなどを気をつけていくことが出来ると、効率よく痩せていくことが出来ますよ。

無理に全部やる必要は無いですが、出来ることから取り入れていってみてはどうでしょうか。

夜のダイエットメニュー

ダイエットの基本は食事制限と運動です。

ですので、夜に気をつけた方がいいポイントを食事をメインにして紹介していきます。

食事をするタイミング

夜は出来るだけ18時前に食事を終わらせることが出来るのが理想です。

遅くても、寝る3時間前までに終わらせておけるといいですね。

夕食は出来るだけ控えめにして、消化の良いものを食べていけるといいですよ。

夜は22時以降から体が脂肪を溜め込む働きをし始めるそうです。

特に夜中の2時~4時はその働きがピークになるそうですから、その時間に胃に食べ物が入っていないようにしていきましょう。

夕食のダイエットレシピ

なるべく消化が良いものを食べていくのがいいですから、お粥や野菜スープなどを食べていけるのがいいです。

スープは具沢山にすれば、満腹感も得られるのでおすすめです。

ダイエット用のスープレシピも沢山紹介されていますので、参考にしてみるといいですよ。

3食全てで栄養バランスの取れた食事が出来るといいですが、朝や昼はあまり栄養バランスに気をつけることが出来ないのであれば、夜に意識してみるといいかもしれないですね。

全くしないよりはマシだと思います。

外食をするなら

夜は人と食事をすることが多い時間帯です。

特に仕事をしている人たちは、19時以降に食事をし始めることが多いですから、最初に書いた「18時前に終わらせる」というのは難しいでしょうね。

外食をする場合は、カロリーの低いものを意識的に選んでいけるのが一番ですし、出来るだけ食べないように出来るのが理想です。

もちろん、付き合いがあるので最低限は食べないと空気を悪くしてしまうと思いますので、そういう時は食べる順番などに気をつけてみましょう。

食事の前に

ちなみに、食事の前にコップ一杯の水を飲んでおくと、空腹が紛れて、いきなり沢山食べるということを避けることが出来ますよ。

ガムを噛むのも効果があるそうですから、試してみてはどうでしょうか。

食べる時の注意点

基本的に、よく噛んでゆっくり食事をすることを心掛けるのが大前提です。

よく噛むことで満腹中枢が刺激されて、食べる量を減らすことが出来ます。

早食いの人が太るというのはこういう所がありますので、よく噛んで、ゆっくり食べていくようにしましょう。

また、満腹中枢は食事を始めて20分程度で反応し始めるそうですから、それまでとにかくよく噛んで、ゆっくり食べるのを意識していきましょう。

食べる順番

先程の項目で、満腹中枢は食事を始めて20分程度で反応する、と書きましたので、そのくらいの時間に炭水化物やカロリーが高いものを食べるようにするといいですよ。

ですので、

1.野菜などの食物繊維のあるもの
2.汁物
3.肉類などのたんぱく質のあるもの
4.ご飯などの炭水化物

といった順番で食事をしていけば、おそらく3の辺りで満腹中枢が反応を始めるはずです。

また、いきなり炭水化物を摂取しない分、血糖値の上昇を急激なものにしないで済むので、肥満を避けることも出来ます。

人との食事なら、話しながら食べることが多いでしょうし、よく噛んで、ゆっくり食べながら順番に気をつけていくといいですね。

運動前後の食事のメニュー

仕事終わりに運動をする人も多いと思います。

夕方から体温が上昇するので、血行もよくなり、運動効果も高くなると言われています。

ただ、空腹状態で運動をするのはよくありません。

食事後、運動までの間に1時間以上の時間があるのでしたら、普通に食事をするようにしましょう。

時間が取れない場合は、食事を2回に分けて運動の前と後で食べるといいですよ。

運動前には食べてすぐにエネルギー源となり、脂肪燃焼もしやすい糖質を含む食品(バナナやおにぎりなど)を少しでも食べて運動を始めるようにしましょう。

バナナ、おにぎりなどの糖質を中心にして、200kcal以内を意識しつつ、牛乳やスープなどの水分補給もしてから運動を始めていくといいですよ。

運動後は水分をしっかりとって、運動前には食べれなかった野菜などが入ったメニューにするといいですよ。

野菜の具沢山スープなら、体外に汗と一緒に出ていたミネラルなどの摂取も出来ますのでおすすめです。

これを、寝る3時間前までに済ませることが出来るといいですよ。

夜の食事と運動のメニュー決め

夜は寝るだけですから、低カロリーのものを中心にした食事のメニューを考えていきましょう。

また、仕事が終わるのが遅くて運動をする時間が遅くなるのだとしても、寝る3時間前には終わらせるようにしましょう。

もし、時間が取れないのであれば、簡単なストレッチや筋トレをする程度にしておくのがベストです。

でないと、能が興奮状態になりますので、夜眠ることが出来なくなってしまいます。

規則正しい生活もダイエット効果がありますので、運動のタイミングに気をつけていくようにしましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする