ダイエットメニュー 豆腐

ダイエットの基本は食事制限と運動ですが、効率よくダイエットを進めていくのにも豆腐ダイエットはおすすめです。

豆腐はカロリーが低いですし、胃腸に優しく、たんぱく質がたっぷりなので、ダイエットを効率よく進めていくのに最適です。

今回は、そんな豆腐を使ったダイエットメニューなどについて説明していきますね。

豆腐ダイエットがおすすめな人は?

豆腐は誰が食べても、ヘルシーですから積極的に食事のメニューに組み込んでいっていいですね。

中でも、豆腐ダイエットがおすすめな人がいます。

●胃腸が弱い人
●カルシウム不足が気になる人
●物忘れが気になる人
●貧血気味の人
●生理不順の人
●ダイエットをしても胸痩せはしたくない人
●老化が気になる人
●筋肉がつきにくい人

こういった人たちは、特に豆腐ダイエットがおすすめだと言われています。

「ダイエットをしたいけど、○○が気になる!」という人は試してみてはどうでしょうか。

豆腐に含まれている健康効果

豆腐はダイエット効果も勿論あるのですが、健康や美容にも効果が期待出来ます。

ダイエットをしていない人でも食べていった方がいいですから、家族の食事にも加えていってみてはどうでしょうか。

1.胃腸に優しく免疫力を高めることが出来る

豆腐は精進料理として僧侶の方が食べてきていた食品です。

その僧侶の方の中には、長寿者が多いということもあって、豆腐は長寿食と言われています。

大豆自体の吸収率は60~68%と消化があまり良くないのですが、豆腐の吸収率は92~98%と非常に高いのです。

胃腸に優しい豆腐の甘みは大豆オリゴ糖で構成されているので、乳酸菌やビフィズス菌の餌になりますから、腸内環境を整えて免疫力を高めてくれますよ。

2.豊富なカルシウムが含まれている

豆腐150gで1食の80%のカルシウムが補えるので、カルシウム不足の人にも豆腐料理はおすすめです。

カルシウム不足になるとイライラしやすくなりますし、ストレスホルモンが増えてきてしまいます。

このストレスホルモンは記憶障害や認知症を発症するリスクが増えると言われていますから、骨の強化以外の目的のためにもカルシウムは積極的に摂取していきましょう。

3.血管を綺麗にしてボケや痴呆を予防する

豆腐には大豆レシチンが含まれているので、記憶力や集中力をアップさせたい人におすすめです。

また、レシチンは強い乳化作用によって、血管に付着したコレステロールを溶かしてくれます。

動脈硬化や脳出血、脳梗塞などの脳の血管障害によって起こる認知症を予防してくれます。

豆腐には健康効果が豊富です

他にも、豆腐を食べることで沢山の健康効果が期待出来ます。

ダイエットをしながら健康になっていくことが出来るので、積極的に食べていくのもいいと思いますよ。

豆腐を食べるタイミング

豆腐は最悪調理をしないでそのまま食べることが出来ます。

ちょっと冷奴として朝食に食べることも出来ますが、豆腐を食べるなら夕食に食べるのがおすすめです。

豆腐に含まれているたんぱく質が、肝臓の働きを助けてくれます。

肝臓は体の解毒や代謝、排泄を行うための臓器ですが、その働きを行うためには酵素を作らないといけません。

この酵素を作るのにたんぱく質が必要になってくるのです。

豆腐は体にいいですが食べ過ぎに注意

豆腐には大豆イソフラボンが含まれています。

この大豆イソフラボンは一日の摂取量に上限があって、70~70mgが理想だと言われています。

豆腐なら一日一丁程度にしておいた方がいいですから、体にいいからと言って食べ過ぎに注意していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする