ダイエットメニュー 1ヶ月

ダイエットは基本的に長い目で見て計画を立てていって、体に負担を掛けないように痩せていくのがベストです。

ですので、短期間で痩せられるような厳しいダイエットメニューではなくて、1ヶ月を目安にダイエットメニューを組んでいくようにしましょう。

ちなみに、1ヶ月で痩せるというのも充分短期間ダイエットと言えますので、焦らずしっかりメニューをこなしていきましょう。

ダイエットの基本

ダイエットの基本は『摂取カロリー』と『消費カロリー』のバランスです。

摂取カロリー以上の消費カロリーを出していれば、自然と痩せていきます。

ですので、食事制限と運動をしっかり行っていけば、誰でも痩せていくことが出来るのです。

では、実際、ダイエットではどういったことを行っていけばいいのでしょうか。

食事制限について

食事制限はカロリー計算と糖質、脂質、炭水化物の摂取を制限していくことが主な内容になると思います。

糖質と脂質は摂取し過ぎていくと肥満の原因になりますし、炭水化物には多くの糖質が含まれています。

ですが、摂取量が少なければ、体調を崩してしまったりしますので、最低限の摂取量を保っていくようにしましょう。

糖質制限

まずは間食を減らしていくのが基本ですね。

また飲み物にも注意していけるといいですから、ダイエット中は水かお茶を飲むようにしていきましょう。

スポーツドリンクなどには糖分が多く含まれていますので、飲むのであれば水で薄めて飲んだり、運動量を増やしていくようにしましょう。

脂質制限

脂質が多く含まれているのは、肉や油もの、チョコなどのお菓子です。

ただ、脂質制限をしていくのはストレスになることが多いです。

出来る範囲から始めていくのがいいですから、週に何度か肉や油物を一切食べない日を作る、といったように徐々に減らしていくのがいいでしょうね。

炭水化物の制限

パンやご飯を食べることを減らしていくことですね。

一時期炭水化物抜きダイエットが流行りましたので、もしかしたら試している人も多いのではないでしょうか。

ただ、これもやり過ぎはエネルギー不足になって、日中の生活に支障が出ることがあります。

炭水化物を抜くのではなくて、食べる量を減らして、その分野菜などに置き換えていくのがいいでしょうね。

夕食も炭水化物ではなくて、蕎麦を食べていくことで痩せるのに成功した人もいますよ。

たんぱく質の摂取

逆に、たんぱく質は積極的に摂取していくようにしましょう。

たんぱく質は筋肉を作る栄養素になりますので、特に女性は筋肉量の維持のためにも摂取していった方がいいです。

筋肉があれば、脂肪を燃焼していきやすくなりますからね。

運動をする

食べた分、運動をしていけば摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れます。

運動量が増えれば消費カロリーも増えるので、食べた分以上のカロリーを消費することが出来て痩せていけます。

ただ、無理な運動をすればダイエットを続けていくのが難しくなりますので、出来る範囲から行っていきましょう。

おすすめは筋トレと有酸素運動を組み合わせて行っていくことです。

筋トレと有酸素運動の効果

筋肉は先程も書きましたが、脂肪を燃焼していきやすくなりますので、あれば太りにくい体質になっていきます。

また、筋トレをした時には成長ホルモンが分泌されるのですが、この成長ホルモンが脂肪を分解する働きを持っています。

脂肪が分解されている所に有酸素運動を行って脂肪を燃やしていけば、効率よく脂肪を減らしていくことが出来るのです。

普段は筋トレだけ行って、週末の時間がある時にジョギングや水泳をしていくのでもいいと思いますので、どちらか片方ではなくて両方行っていくといいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする